広島市西区・佐伯区・廿日市市で新築建売住宅を探すなら

株式会社マリオホーム

家賃払いを資産づくりに

営業時間9:00〜17:00

定休日土・日・祝日

お問い合わせ

新築建売住宅とは

新築建売住宅とは「土地」と「建物」がセットで
販売されている新築戸建

当社では主に新築建売住宅を取り扱っております。

「土地」+ 新築されたばかりの「建物」がセットで販売されている住宅を新築建売住宅(以下、建売住宅)といいます。

「建てて」から「売る」ので「建売」ですが、似たような言葉で「売建」(「売って」から「建てる」)もあります。こちらも建築会社もプランも決まっているため「建売」と変わらないですが、売買契約後に建築するため入居時期まで時間がかかります。

建売住宅は分譲会社が土地を仕入れ、その土地に家を建てて「土地」+「建物」を購入者へ引渡します。
1棟だけ販売する場合や、広めの土地を分割して複数棟販売する事もあります。

時々とっても安い建売住宅がありますが、お客様から「この物件価格には土地代も入っているの?」と質問を受けることも。
建売住宅は「土地代」も含まれていますのでご安心ください。また物件の表示価格は税込価格です。

注文住宅では建物プランを考えているうちに予算オーバーという話も良く聞きますが、建売住宅の場合は「土地」+「建物」の金額が明確なので、資金計画が立てやすくなります。
通常、駐車場などの外構なども含まれています。

建売住宅は立地条件が良い物件が多い

様々な物件を見ていますと建売住宅は比較的立地条件が良いと感じます。
何故、建売住宅は立地条件が良いのでしょうか。

それは、立地条件の良い土地が一般市場に出回る前に業者間で取引をされているからです。

土地を高く売却したい売主は市場へ出して様子を見るなど時間をかけるでしょう。
しかし早期に売却したい人にとっては、市場より安くてもスピード買取してくれる業者は頼れる存在です。

日頃からたくさんの不動産会社とのパイプがある建売会社には一般市場に出回る前の土地情報を得ることができます。
土地情報の積極仕入れ、また仕入れ値を抑えることでお客様が求めやすい価格で新築戸建を提供できるのです。

建売住宅のメリット・デメリットは?

建売住宅のメリット・デメリットはどのような点があるのでしょうか。

【メリット】
・注文住宅に比べて低コストで新築戸建が買える
・販売価格がハッキリしているので、諸費用などトータルの予算を出しやすい→資金計画が立てやすい
・(完成物件)家全体の雰囲気、室内の陽当たりなど確認してから購入できる
・(完成物件)引渡しを受けてからすぐに入居可能
・比較的立地条件が良いと感じる
・時代に応じた間取りや設備を採用しているため万人受けする

他にも「間取りや仕様を考えるのが面倒くさいから建売が良い」といった声も聞きます。
また大型分譲地の場合は購入者の世代が近かったり、新生活のスタートが同じ時期だったりと新生活でも馴染みやすい環境ではないでしょうか。

【デメリット】
・間取りや仕様を自由に選ぶことが出来ない
・建築中の様子・工程など見ることができない
・最低限の仕様の場合、オプションによる設備追加費用が発生する場合もある
・分譲会社によっては契約~引渡しまでの期間を短く設定するので、住宅ローンの金融機関をゆっくり選ぶ事ができない。

新築戸建(建売・注文)・中古戸建・マンション、それぞれにメリット・デメリットは存在します。
購入者が何を重要視するか、逆に何を妥協するかを見極めることが大切です。

建築時期によってはカラーセレクト可の物件も!

建売住宅は建築確認が下りると販売活動を開始します。広告が出された時はまだ既存建物が残っていたり、解体中だったり、完成まで数か月先ということも。

そんな時は嬉しいサービスをうけられるかもしれません。

「カラーセレクト可」の物件なら、壁や屋根、キッチンや建具、お風呂などのカラーを選ぶことができます。
少し注文住宅気分を味わえる、セミオーダー感覚のカラーセレクト可物件。

建築が進むとカラーセレクトの対応不可となりますので、気になるエリアで物件が出た時はお早目にお問合せください♪